トイレ水漏れの原因について

トイレ水漏れの原因について 普段使用している自宅のトイレで水漏れが起こることがあります。近年では、ウォシュレット 水漏れなどのトラブルが原因の一つとなることもあります。トイレの種類以外にも、どこから漏れしているのかといった場所によっても原因は異なってきます。例えば、経年劣化に伴うタンクや便器などの部品や固定していたナットやネジの緩みが大きな原因となる場合があります。このような事象や原因を知っておくことで、実際に自宅で水漏れが発生しても、自分で解決できることなのか、それとも業者に依頼すべきことなのかの判断が出来るようになります。また業者に依頼する場合でも、応急処置が自身でできれば、業者が修理に来るまでに日を要するようになってもある程度の症状に収めることができることがあります。

■タンク式のトイレの場合

使用しているトイレがタンク式の場合は、レバーが元に戻らないので水漏れし続ける・タンク内に水が溜まらない・便器に水が流れ続けている・水がタンクから滴り落ちているといったトラブルが発生していることがよくあります。これは、何年も使用している間にタンクの部品の接続がずれてしまったり、接合部分に使用されている部品の劣化が生じてしまったりしていることが原因として挙げられます。水漏れの状態が続くと水道料金が高くなるうえ、賃貸物件の場合は他の部屋まで水浸しの状態となればトラブルに繋がります。まずは管理責任者などに相談をした上で、止水栓を早急に止めて修理をする必要があります。

■温水洗浄便座で水漏れが発生した場合
温水洗浄便座の場合は、主に機械の故障による誤作動が原因であることが多いです。近年では、節水などの機能が揃っており、精密機械並みです。詳しくない人が、手探り状態で修理をすると、便器の交換や二次被害に繋がるので、専門業者に依頼する必要があります。
便器からの水漏れの場合は、タンクと便器との連結部分で不具合が生じていること、便器自体のひび割れや劣化が原因として挙げられます。連結部分の不具合が生じた場合は、各パーツのねじやボルトを交換、もしくは締めなおすことで直ります。ひび割れの場合は、ホームセンターなどで販売しているパテを塗ることでも修理できます。しかし、ひび割れが大きい場合は便器自体の交換となります。自分で交換をする際にも、排水管の接続や温水洗浄便座をつける場合にも相応の技術や工具が必要となります。

■床に水漏れを発見した場合の特定方法

床から水漏れが生じている場合は、あらゆる原因の可能性があります。
タオルをトイレの床に敷いて一晩おいておくことで、タオルの濡れ具合から水漏れが生じているおおよその場所が特定できます。絞れるほどタオルが濡れている場合は、タンクや温水洗浄便座自体から漏れています。
便器や壁付近が少し濡れていたり湿っていたりする場合は、結露が原因で水が床に広まっている可能性があります。これは主に冬場、湿気や気温の変化で起こります。結露が原因の際は、トイレのドアをきちんと閉めることで、外気の影響を最小限に抑えられ解決することができます。換気扇を回すと、トイレ内に溜まる湿気を逃がしてくれるので、床に水が広まることを予防できます。

■まとめ
トイレで水漏れが発生する原因は、接続部分の接触が不具合を生じていることや、経年劣化に伴う部品の不具合などがあります。温水洗浄便座は精密機械のように繊細なので、これが故障することにより問題が発生することもあります。ある程度の修理に必要な部品や素材はホームセンターでそろえられます。しかし、修理には分解をしなければならないこともあるので、自分での対応が不安な場合は専門業者に依頼することも一つの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース