温水専用便座トイレの水漏れを修理する際の注意点

年々、温水専用便座の性能が高くなっている分、機械の構造が複雑になっています。業者に依頼をすべき部分もありますが、温水洗浄便座によるトイレで水漏れが起こった場合の自分でできる修理方法もあります。

■温水専用便座外部の修理方法

まず元栓が開きすぎている場合には、コインやドライバーなどで水量の調節をします。それでも直らない場合は、機械内部の確認が必要です。
給水ホースとのつなぎ目に緩みがある場合は、モンキーレンチなどを使ってつなぎ目にあるボルトやナットを締めます。この際に、締めすぎないように注意が必要です。汚れや錆がある場合は、締めにくくなっています。洗浄・浸透タイプの潤滑剤によって直る場合がありますが、無理に閉めようとすると破損や故障に繋がる恐れがあります。

■温水便座本体内部の修理方法

温水便座内部に故障や不具合が生じていて修理をする場合は、必ず水道の元栓を閉めて、電源を切ったうえで行います。これは、内部基盤が水漏れの影響を受けてしまうことで、トラブルに繋がることを防ぐためです。ノズル内部の部品もしくは給水ホース部分にあるパッキンは、対応しているものがあれば交換をすることで温水専用便座の水漏れ修理が出来ます。ノズルやパッキンの交換は、症状や機械によっては軽く分解するだけで交換できる場合もあります。購入してから日が浅い場合は、メーカーや販売店の保証期間内である可能性もありますから、一度確認しておくと良いです。
バルブユニットは温水便座本体の中に組み込まれているため、修理を行うには分解する必要があります。難しい水道 工事作業が多くなるため、専門業者に依頼し機械交換をしたほうが安心です。

■まとめ
自身で修理する方法もありますが、無理矢理行うと更なる破損や故障に繋がりかねません。トイレの水漏れが温水専用便座が原因の場合にて、対応困難な場合には専門業者に依頼することも一つの方法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ