温水洗浄便座トイレの水漏れチェック箇所

温水洗浄便座付きトイレの普及率が近年上昇しつつありますが、この温水洗浄便座が水漏れのトラブルになる可能性があります。いろいろな原因が挙げられますが、修理をするにも応急処置を施すにも、まずは水漏れしている箇所を判明する必要があります。

■温水洗浄便座の周りを確認

一番最初に確認すべき箇所は、元栓です。必要以上に開いてしまっている場合は、水圧が高くなりトイレの内部に大量の水が流れ込んでしまいます。その結果、水漏れの原因になります。
温水洗浄便座には給水ホースを接続するために、ボルトやナットのつなぎ目があります。そこに振動が加わることで徐々に緩んでしまい、水漏れを引き起こします。経年劣化に伴って起こりやすくなりますが、腐敗していない場合は工具があればすぐに改善できます。
また、洗浄水が出ているノズルやジョイントの不具合でも水漏れが生じる可能性があります。ノズルの目詰まりや送水に必要な部品の不具合、パッキンの劣化も要因になります。

■温水洗浄便座本体が原因の場合

温水洗浄便座本体からの水漏れが生じている場合は、本体の不具合が原因のことがほどんどです。タンク内などの確認をした上で、故障部分が特定できれば交換修理することができます。これは、業者から専用の部品を購入する必要があります。また、修理工具やボルト、ナットといった修理に必要な道具も用意することになります。機械に関しての知識が無いと難しいので、業者に依頼をしましょう。
電化製品ですから、機械のトラブルにより発火などのリスクが生じます。発火のリスクがある場合には、機械自体の交換をすることも選択肢の一つとなります。

■まとめ
温水洗浄便座は電化製品であり、自分で修理することが難しくなってきています。無理に自分で修理しようとせず、業者に依頼することが大切です。トイレの交換が必要であれば業者から教えてもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ