トイレでの水漏れの予防策

毎日使用するトイレで、水漏れのトラブルが生じる場合があります。しかし、日ごろからきちんとトイレの状況を確認しておけば、水漏れになる前に対処することができるかもしれません。

■タンク式トイレの清掃方法

トイレの便器やタンクの不具合は、こまめに便器周りはもちろん、タンク内の清掃で予防することができます。タンク内の清掃では、使用済みの歯ブラシや、耐水性のある目の細かいサンドペーパーを使って汚れを落としていきます。そして掃除が終わった後に、タンク内の汚れを市販の専用洗浄剤で流します。汚れをはじくような洗浄剤の使用がおすすめです。
日ごろから清掃をすることで、ちょっとしたひび割れなどに早めに気づくことができ、水漏れを防ぐことができます。

■温水洗浄便座の水漏れ対策

温水洗浄便座の場合は、トイレ内の室温が高いとオーバーヒートが生じてしまいます。これが誤作動の原因となり、水漏れすることもあります。湿度が高いと、基盤にも影響を与えてしまいかねません。カビが生えやすくなり衛生的にも良くありませんし、機械の劣化にも繋がりやすくなります。そのため夏場や特に梅雨は、常に換気をして温度や湿度の上昇を防ぐ必要があります。
冬場は結露が生じる可能性があります。保温の他に止水栓を閉じて洗浄便座内の水を抜くことも、対策の一つです。温水専用便座も毎日の清掃は欠かせません。埃が溜まってしまうと内部の故障にも繋がりますから、本体はもちろん接続部も清潔にする必要があります。

■まとめ
長年使用していると、接続部分の不具合が生じる可能性があります。簡単な作業の場合は、ホームセンターで販売している部品を使用して、自分で修理したので間に合うこともあります。定期的なトイレの清掃・換気・メンテナンスによって、水漏れなどのトラブルは防ぐことができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ