トイレのタンクが原因時の水漏れの症状チェック

実際にトイレの水漏れが発生している場合、まずは症状をチェックすることが大切です。自分で修理する際はもちろん、専門業者に依頼する際にも必要なことになります。

■タンク外で多い水漏れの原因箇所

タンク下やフタから水漏れが生じている場合は、フタの裏側にある整流スポンジの劣化が挙げられます。スポンジがつぶれていないか、もしくは外れていないかを確認してください。
タンク上に設置されている手洗菅の根元の隙間から水漏れが生じている場合は、パッキンが劣化している可能性があります。また、水洗レバー付近から生じている場合にも、おおむねパッキンの劣化が原因です。これらの場合は、その他に破損している部分がなければトイレの交換の必要はなく、パッキンの交換をする必要があります。

■タンク内で多い水漏れの原因箇所

給水を司るタンク内にあるボールタップが異常を生じていると、給水が止まりません。それにより、ボールタップが故障した時にタンクの外ではなく便器へ水を流してくれるオーバーフロー菅を通って、便器に水が流れ続けている恐れがあります。トイレの水を止める役割がありますゴムフロートに異常がある場合も、便器に水が流れ続けます。
止水栓・給水管自体が劣化していると、トラブルが起こる場合もあります。配管が新しいものではパッキンのみの交換で問題ありません。経年劣化に伴っての配管の傷みがある場合は、配管ごとの交換が必要になります。その際に、モンキーレンチなどの工具が必要なことと、相応の技術が必要となります。不安がある場合には、自分で修理をするとトラブルになる可能性が高くなりますので、業者に依頼したほうが良いです。

■まとめ
トイレで水漏れが発生した場合は、症状を確認することで原因箇所が特定できることがあります。自分はもちろん、業者に修理を依頼する場合でも、この原因箇所が最初にわかっていると、スムーズに修理することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ